日本代表に私が厳しすぎると意見をいただきました

が、常に厳しい目で見ていこうと改めて思っています。

ですが、今回の本番における予選リーグの戦いは、充分評価できるものです。
唯一の敗退であるオランダ戦を除いて・・・ですが。

今朝のデンマークとの戦いは、やっと日本の本気を見たと思います。
いま日本テレビで再放送を見ながら書いていますが、ちょうど本田のフリーキックのシーンです。
いつも書いていますが代表戦は自分だけの戦いではなく、日本のサッカー人としての代表としての戦いですから日の丸を背負って戦ってもらいたいというものですが、間違いなくこの三戦はその想いがわかるものであってのは間違いがないでしょう。

カメルーン戦、オランダ戦は極めて守備的であったのですが、やはり国際舞台では「これぞ日本」「日本の代表」といえる試合を望むわけで、当然ながら厳しくなってしまいます。

サッカーの仲間と話をしていましたが、このワールドカップの代表の戦いは、今後のサッカー界にかかわるものであると言っていました。
なぜなら事実として有名どころのサッカースクールで人数が減っていたり、野球の子供が増えたと言われている中で、日本代表の影響と言うのは極めて大きなものであると考えているからです。

これで惨敗であればサッカー界の今後はどうなる?とさえ実はあるJリーグチーム(しかも複数)のサッカースクールでも真剣に議論されていたのです。
代表頼みの面もあるが、代表がしっかりしなくては困るというものですが、Jリーグとして日本代表をサポートしていかねばならないわけで、もっと密になってもいいのかもしれません。

ただ一つだけ残念に思っていることを挙げるとすれば、唯一ですが海外組であるエースとしての資質があると思われる森本を出さないのはなぜかということでしょう。
守備的な今の日本代表の戦い方では攻撃のみが強い選手はトーナメントの一点にかけるときしかいらないと思っているのかもしれませんが、秘密?兵器を秘密のままにしていただきたくないというのはあります。

まあ私は彼がデビューしていた時から高く評価していたので、彼への想いが強いというのも認めますが、湾トップなら彼を使って欲しいということもあります。

次のパラグアイは間違いなく強い相手です。
初の8強をめざして頑張っていただきたいと願います。

それにしても昨日のデーモン主審はいただけません。
試合をコントロールをしようと努力するのはわかるがカードの質と笛のタイミングがあまりにも悪いと感じました。
その影響はデンマークにも日本にもあったと思います。

もうひとつありました。
今の日本代表はある意味スター選手というのがいません。
サッカーライターの森本氏は「今後の日本代表は弱くなっていく可能性がある」と言っていましたが、私は日本サッカーの底上げはされていると反論をしていました。
その意味でスター選手が不在といわれる現代表で予選を勝ち抜いたというのは、底上げがなされたのだと感じています。
そして書いている間に遠藤のフリーキックのシーンになりました。

遠藤を期待しているが故に厳しく言ってきましたが、本当にこの試合は素晴らしかった。
今後も頑張って欲しい選手の一人です。

Start a Conversation

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です