テレビが台無しにしてくれた瞬間

FIFA CLUB World Cup in Japan 2011が終わりました。

結果は皆さんの知ってのとおり、FCバルセロナがしゃれにもならない強さで他を退けました。
ネイマールにもたいへん期待をしていたのですが、残念ながらプジョルの前に沈黙をしてしまいましたが、しかしその期待は決して少なくなるものではありません。

試合終了後に「ネイマールはヨーロッパへ行かねばとあせるのでは?」と友人たちに言ったのですが、どうもその予言は報道をみると当たっているようです。
ブラジルとサントスは至宝であるネイマールを手放すつもりはないでしょうが、ネイマールの今後を考えれば間違いなくヨーロッパ、特にスペインを志向したほうが良いのではないかと思います。

イタリアの言い方を良くすれば落ち着いた守備の堅いゲーム・・・言い換えればスペインに比較して愚鈍でスピード感に欠けるようにさえ見えるものよりも、現在の世界最強リーグといって良いであろうスペインに行くのはブラジルとネイマールにとってはよりベターな方向ではないかと考えられます。

さて、その決勝戦が終わった直後に日本テレビはなんとも馬鹿げたことをやってくれました。
バルセロナのエースであるメッシをインタビューしたいというのはわからなくもありませんが、よりによって芸人が「引退後は・・・」とやるのですから世界に恥を晒したことになります。
せっかく2002年のワールドカップや、その他の国際試合である意味「お行儀の良い」日本と思われていたのが、「ただの何も考えていない馬鹿」と宣伝してしまうような行為は、全くいただけないものです。

また現役選手として世界最高峰にあり、さらにはどう考えてもそのプレーの質が上がっている選手に対してそんな質問をするなどというのは、ある意味芸人にしかできないわけですが、それをなぜテレビ局はやってしまったのかといえば、サッカーというスポーツに対して素人を出しておく環境そのものが良くないということです。

世界陸上も世界水泳もなんであのミーハーな芸能人が出てくるのかさっぱりわかりません。
また中継を見ていても実況アナウンサーが本当にその競技を知っているのか疑いたくなるような言葉がでてきたり、勝手にあだなをつけて喜んでいたりとそのスポーツに対して真剣に対している人間を侮辱するような、そんな放送はするべきではありません。

なんせTwitterなどで日本の国際試合がある時に、NHK BSでの放送があると「民放ではなくBSで見る」というユーザーがどれほど多いことか・・・と感じます。
かくいう私も画面サイズ16:9で放送したフジテレビ以外はNHK BSに金を払ってみていますが、そのフジテレビでさえ実況はNHK BSに変えたいくらいでしたから本当にどうしようもありません。

日本のテレビマスコミの劣化はこうしたスポーツだけではなく全体的に見られるわけですが、地上波という存在を見直すべきではないかと考えるのです。
ケーブルテレビもしくはBSでのやり方もあるはずで、金を払ってでも見たいという番組を作ることを考えるべきです。
それはなにもサッカーに限らず、ドラマだってニュースだってそうであるはずです。

それにしても今回の日本テレビは日本の恥を見事に晒してくれました。
それでも涼しい顔をしていられるのでしょうから、テレビ業界というのは凝り固まった阿呆の集まりだと感じるわけです。

Start a Conversation

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です