サッカーって難しい!

サッカー・・・だけではなくて、チームというか、プレーヤーというか、いろいろなものが難しいと思っています。
今日もある監督さんと話しをしていたのですが、練習試合の結果が悪くてさすがに怒ったというのです。
なにかと思ったら「戦術はどうするんですか?」「戦略は?」となったため、戦術云々の前にまずは何をしなければならないのかというところを、どうもプレーヤーが頭でっかちに考えている、そのことに腹が立ったというのです。

これは私もよくわかる問題で、彼とはカテゴリが違うのですが、そもそも試合に臨むにあたって自分はそれまでに何をしたのか、どういう準備をしてきたのか、心構えは、仲間との会話は、意思疎通は・・・などなど、勝利を手にするためにまずは何をしたのかというところを考えず、負けたから監督の戦術だったり戦略がまとまっていない、理解していないからうまくいかないのではないかなどと言う、極めて関係のない考え方になってしまうことは多々あります。
これはどのカテゴリでもある話で、プロだろうとアマチュアの底辺だろうと同じことが起きます。

チームコンセプトは当然それぞれレベルの差はあれどあるのでしょうが、戦術や戦略と言うのは、より高いレベルでチャレンジをする時に約束事が増えるたびに出てくるものだと思われるわけで、まだ公式戦も始まっていない段階で、選手を見ているような状況であるものではないと考えます。
戦術があったから、戦略がはっきりしていたからといって準備がなければ勝てないわけですし、まして準備をきちんとしている自信があるなら、負けた場合に「自分の責任はなんだったのか」を考えるわけで、戦術やら戦略とは全く関係のない話なのです。

そういうものが全て理解できる状況になって戦術だったり戦略だったりというものがでてくるわけですが、だからといって「じゃあ監督の言うとおり100%できるのか」といえば、それはプロにだって難しい話ですので、戦略や戦術というのは何かと問われると、実は禅問答のような状況になってくるのです。

はっきりわかっているのは、勝利のために自分はチームへの犠牲をどう払ったのか、どう準備をしてきたのかということを理解して、勝利に対して執念を持つものが最終的に勝利を得られるというわけです。
ところが・・・それでも絶対に勝利ができるわけではないのがサッカーだったりします・・・

Start a Conversation

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です