イエメン戦を見ていて思うこと

結果がどうあれつまらん試合であるし、日本人のスキルの低さが明らかな試合。

これだけポゼッション有利な中で、結果として枠にいかない、シュート前にDFに追いつかれる・・・なぜなのか考えると、結果としてスキルがないということに尽きてしまう。
ダイレクトでシュートを打つべきシーンが前半だけで5本以上、全部DFに追いつかれているわけだし、最後にパスを出すところも見えてくる。
どうしても岡田監督のサッカーって私には面白く見えないのである。

まして今日のGKは川島。
なぜ?と思うのは私だけではないだろう。
国際経験の豊かさからいえば、勝ちたいなら川口でいくしかないだろう。
オーストラリア戦前に若手を試したいと思っているのかもしれないが、現在1-1の同点ということが日本に余裕がないということを示している。

さあ残り30分、日本代表は点を奪うことはできるのか?

Start a Conversation

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です